明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

末永 啓一郎 末永 啓一郎 明治大学 政治経済学部 教授

科学と技術の共進化によって生まれる技術パラダイム

 人類が新しい技術パラダイムを生み出してきた、つまりイノベーションを起こした歴史を分析すると、そこには科学と技術の共進化があることがわかります。

 例えば、パスツールによるワクチン(1880年)、ベーリングと北里柴三郎による血清(1890年)、エールリヒと秦佐八郎による梅毒の治療薬であるサルバルサン(1910年)、フレミングによるペニシリン(1928年)。

 これら、製薬分野における技術パラダイムは、実は、フランス出身の化学者であるラボアジエ(1743年~1794年)による、いわゆる化学革命(1783年)と呼ばれる新しい科学知識の確立を基盤として次々と生み出されているのです。

 しかし、この科学と技術の関係は一様ではありません。新しい科学知識と新しい技術パラダイムの誕生の間に長いタイムラグがあったり、新しい技術が先にできて、それが新たな科学知識を生み出すようなこともあるし、科学的な発見と一体となった技術の進歩もあります。

 例えば、化学革命という従来になかった新しい科学知識によってワクチンという技術パラダイムが生まれ、それは科学知識の進歩を促して血清を生み、それが、また新たな科学知識を促し、サルバルサンやペニシリンに繋がっていったのです。

 さらに言えば、パスツールのワクチン以前にも、天然痘に罹った人のかさぶたを鼻の穴に入れれば天然痘に罹らない、という言い伝えのような民間療法がありました。

 すなわち、発症者のかさぶたを基に抗体をつくる方法です。もちろん、科学的な知識によるものではありません。

 しかし、人類は体験の積み重ねからもパラダイムを生み出しているのです。それを技術パラダイムへと確立するのが科学的な理解というわけです。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
体に効く薬とはタンパク質に効く薬

2021.2.10

体に効く薬とはタンパク質に効く薬

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 光武 亜代理

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム