明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

本田 みちよ 本田 みちよ 明治大学 理工学部 准教授

歯周病も大きな問題

 また、意外と見落とされがちなのですが、健康寿命という観点で重要なのが、歯周病対策です。

 食べ物が食べづらくなれば、栄養を摂るという点はもちろん、生活を楽しむということも非常に損なわれてしまうからです。

 歯周病が、いわゆる虫歯よりも問題なのは、治療が難しいからです。

 そもそも、人の口の中にはたくさんのバイ菌がいます。そのなかには、いわゆる善玉菌もいれば、悪玉菌も共生しています。

 このバランスがとれていると良いのですが、歯磨きなど歯の清掃が充分にされず、悪玉菌が活性化すると、歯に穴を開ける「う蝕」が起きたりします。これが虫歯です。

 さらに、細菌が感染し、それが歯と歯肉の境目にどんどん溜まっていき、歯肉の辺縁が炎症を起こすのが歯周病です。進行すると、歯茎が下がってしまい、歯が露出したりします。

 虫歯が進行すると、歯を抜いて入れ歯にするなどの治療を行うことがありますが、歯周病が進行すると、歯が収まっている顎の骨の部分も溶かされてしまい、入れ歯をしたくても、それを立てる土台がないという状態になってしまいます。

 そのため、まず、顎の骨の溶けた部分から治さなければならなくなり、治療が大変になるのです。

 歯周病は、もちろん、若い人にもあるのですが、口腔ケアが不十分であったり、自浄作用が低下してしまったりすることで、細菌が溜まっていくことによって起こるため、高齢者の罹患率が増加傾向にあります。

 死に至るというような疾患ではないため、あまり重大な疾患と見なされないのですが、近年、様々な生活習慣病と関連していることも報告されていて、歯周病は口だけではなく、全身の健康とも密接に関係するので、楽しく生きるという意味でその予防は大きな課題です。

 そこで、私たちは、顎の骨の治療のために、骨粗鬆症対策で行っている骨の再生の研究を応用するとともに、細菌がどうやって歯に付着するのか、細菌の増殖をいかにして抑制できるか、といった研究も行っています。

 そのなかで、いま、注目しているのが、抗菌性のタンパク質です。実は、自然界には様々な抗菌性タンパク質がたくさんあるのですが、なぜ、抗菌性が発現するのか、解明されていない部分があります。

 そのメカニズムを解き明かすのが生化学の分野であり、その研究成果を基に、抗菌性を効果的に発揮する歯磨き粉や、治療薬を開発することを目指しています。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム