明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

AIがビジネスのインフラになる

明治大学 総合数理学部 准教授 櫻井 義尚

AIのビジネス活用の課題

 AIブームといわれ、機械学習に期待して、その導入を検討している企業が多くなっています。ところが、課題は山積です。その多くはAIに対する理解不足から来ています。

 一つは、AI適用の環境です。

 機械学習にはデータが必要ですが、社内データすら縦割り化によって各部門で独自にもち、部門間のつながりがないため、全社統一のデータベースも構築できない企業が多いのです。

 海外の企業などは、データやシステムを扱う技術者を配置し、データの管理、システム投資の一貫性を担保する役割を担う技術組織を社内に設け、そのトップをCIO(Chief Information Officer)として、経営層の一員とする企業が多くなっていますが、日本では情報システム部の部長レベルまでで、まだまだデータやシステムを全社レベルで整備することの重要性が十分に認識されていないのが現状です。

 AIの適用抜きでも、データは企業の資産で、システムはビジネス活動のベースとなるものですが、AI活用においては、この2つは不可欠なものになります。

 もう一つは、AIの適用の仕方です。

 先程ご紹介したRPAは、人の業務をAIに置き換えるものでした。最近、日本企業の中で「今〇〇さんがやっている作業をRPAで自動化して経費削減と効率化を図りたい」という検討を部署毎に行っているという話をよく耳にします。

 これのどこが問題なのかというと、属人化してしまっている業務をAIに置き換え、ブラックボックス化をより進めてしまっていること、全体設計を考慮せずに、部分だけで構築し、システムとしての整合性を危うくしているかもしれないということなどです。

 もう一つは、AIに対する評価方法です。

 また、AIの機械学習による効果は、かつてのOA化やIT化のように、すぐに目に見えるような形で現れるものばかりではありません。そのため、結果が出る前に頓挫するケースも多いのです。特に機械学習はデータが重要となりますが、システムによっては初期のデータでは不十分でシステム稼働後にデータ収集を行い、その予測や分類の精度を向上していく場合もあります。機械学習によるシステムは「投資」の観点での評価が必要になります。

 AIを本格的に導入するためには、システムをパーツのようにもってくるのではなく、社内組織の改革も含め、全体設計をした上で、取り入れなければ有効に機能しません。それは、日本の企業が早急に取り組むべき課題であると思います。

IT・科学の関連記事

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.1.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 岩堀 豊
ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 相澤 守
生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.8.7

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本田 みちよ

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

人気記事ランキング

1

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

3

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム