明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

米国中間選挙を検証する ―オバマ大統領リーダーシップの変遷と戸別訪問の重要性―

海野 素央 海野 素央 明治大学 政治経済学部 教授

その「取引型」リーダーシップが、今回の中間選挙では成功しなかったのでしょうか。

 オバマ大統領は今回「取引型」を徹底しなかったのです。私は今回の中間選挙でもワシントンに入りましたが、最初に感じたのはオバマ陣営であるヒスパニック系の人たちの怒りでした。「いつまで自分たちを利用するのか」と。ヒスパニック系の人たちは、不法移民であっても、犯罪歴がなく英語も学び、ハイテク産業や農業などに従事する人には永住権を与えるという大統領令を期待していたのです。しかしそれは発令されず、ヒスパニック系の人たちには大きな失望があり、それは怒りとなって現れたのです。投票に行かないように呼びかけるヒスパニック系の団体もありました。

オバマ大統領はなぜ「取引型」を徹底しなかったのでしょうか。

 女性有権者に対しても同様で、「取引」を徹底しませんでした。米国の労働者の賃金比率は男性1ドルに対して女性は78セント、アフリカ系女性は65セント、ヒスパニック系女性に至っては56セントという状況です。そして現在、連邦政府が定める最低賃金(1時間当たり)は7ドル25セントで、そのほとんどは女性労働者が占めます。こうした中、オバマ大統領は最低賃金を上げて10ドル10セントにすることを打ち出しました。この政策が実現すれば女性有権者の票を集めたと思われますが、身内の民主党候補がオバマ大統領と距離をあけたために、強くアピールできませんでした。ヒスパニック系の人たちと同様に、「取引型」を徹底できなかったのです。

国際の関連記事

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

2023.2.3

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 小室 輝久
アナーキズムは、すべての人の、ひとりひとりの中にある

2023.1.18

アナーキズムは、すべての人の、ひとりひとりの中にある

  • 明治大学 法学部 教授
  • 田中 ひかる
差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

2022.11.16

差別、格差、貧困の問題と、環境の問題は繋がっている

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里

新着記事

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

2023.02.02

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

2023.01.31

体内時計が教えてくれるアラーム

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

3

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

4

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

5

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

連載記事