明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ワールドカップ開催に沸くブラジルの光と影 ―異文化を越えた相互交流のススメ―

中林 真理子 中林 真理子 明治大学 商学部 教授

ブラジルでの調査研究、教育交流

中林真理子教授 私がブラジルと関わりを持つようになったのは、2009年に遡ります。当時私は、専門である「保険とリスクマネジメント」に関し、明治大学長期在外研究員としてアメリカの大学で研究に従事していました。その際、ブラジルの保険市場の特異性に興味を持ち渡伯したのが、最初のブラジル訪問です。ブラジルの保険市場は日本とは大きく異なります。日本の保険契約は営業職員や代理店を介して行われるのが一般的ですが、ブラジルは日本とは異なり、ブローカーを使うことが義務付けられています。また、ブラジルの保険市場では銀行が強大な力を発揮しています。これは、ブラジルの広大な国土に十分な支店網を持つ銀行がブローカーとして積極的に保険ビジネスに取り組んでいるためです。さらに、ブラジルの保険市場は特に外国企業にとっては規制の厳しいマーケットで、他の産業同様に国内産業保護政策が根強いのです。
この最初の訪問をきっかけに、以来、定期的に訪れて、現地に進出している日本の保険会社を中心とした調査研究を続ける一方、商学部が中心となって推進するラテンアメリカ異文化交流プログラムで、ブラジルのみならずラテンアメリカの協定校との相互交流を進めてきました。現在では、学生間のビデオカンファレンスや相互訪問(短期留学)に発展しており、日本とラテンアメリカ各国との架け橋となる人材を育てていきたいと考えています。

国際の関連記事

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

2021.6.30

ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.4.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

リレーコラム