明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ワールドカップ開催に沸くブラジルの光と影 ―異文化を越えた相互交流のススメ―

明治大学 商学部 教授 中林 真理子

「メンサロン事件」とブラジルの倫理問題

 ブラジルは周知のように、近年台頭著しい新興経済発展諸国「BRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)」の一国であり、平均して4%という高い経済成長を続けてきました。ここへきて、BRICS各国の成長が失速していることが指摘されていますが、私が現地で受ける実感としては、そのような陰りはあまり感じられません。訪問するたび車の量が増え、渋滞がひどくなっているのも経済成長がもたらしているものでしょう。インフラが整備されていないという大きな問題はあるものの、ワールドカップ開催、それに続くオリンピック開催に向けて、着実に発展を続けているというのが率直な印象です。
このブラジルで、現在私が最も注目しているのが、ブラジル政治史上最大の汚職事件といわれる「メンサロン事件」の再審理の行方です。2005年、政府が議会の支持を取り付けるため、政府広報費等を事実上横領し捻出した資金を使って、与党議員を買収していたとの疑惑が発覚、当時の政権を揺るがした事件が「メンサロン事件」です。2012年から公判が開始され、事件に関わった政府要人、元与党党首ら有力政治家が有罪とされ刑も確定しました。これは、成熟した先進国に見られるような、“自浄能力”が生まれてきている証と思われました。
しかし今年になり、被告サイドの上訴を受けて再審理が始まりました。ブラジルの調査会社が行った世論調査では、サンパウロ市民の過半数がこの決定に反対と回答しました。それにもかかわらず、有罪とされ刑が確定している中での再審理が開始されたのは、ブラジル政財界で倫理観が未成熟であることのあらわれと言えるでしょう。また「メンサロン事件」の行方は、政治問題を超えて、ブラジルに“企業倫理”という考えが根付くかどうか、つまり新興国から世界経済をリードする存在に移行できるかを見極める上で、試金石になると考えています。

国際の関連記事

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

2020.6.3

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 下斗米 秀之
歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2020.4.1

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 林 ひふみ
日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム