明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

井田 正道 井田 正道 明治大学 政治経済学部 教授

トランプ政権への支持は続くのか

 増大する移民に対して、アメリカの保守層は強い危機感を抱いていることは確かですが、一方で、アメリカ社会全体の流れは、確実にリベラル、ダイバーシティの方向あります。その流れを支持する層によって反トランプのデモが続き、トランプ政権の支持率は発足以来50%を切り続けています。さらに、新政権は当初からメディアと対立しましたが、移民規制の政策をめぐっては司法と対立し、オバマ・ケアの廃止法案に対しては、与党である共和党内がまとまりませんでした。議会の議員たちは1年半後の中間選挙を考え、世論の動向をにらんでいるのです。まさに、独裁を防止するためのチェック・アンド・バランスを保証した三権分立制とメディアが、目に見えて機能しているかたちです。今後は、この権力分立の中で、トランプ大統領が上手く立ち回っていくのか、あるいは孤立するのか、そこに注目したいと考えています。加えて、トランプ政権の誕生は、アメリカの保守主義の強い揺り戻しなのか、アメリカ社会の急激な変化を少し緩和させるだけの現象なのか、それが見極められると思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵
国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

2021.11.10

国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

  • 明治大学 文学部 教授
  • 石川 日出志

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事