明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

明治大学 政治経済学部 教授 井田 正道

移民の増加がアメリカ像を崩す!?

 私の教え子であるアメリカ人の白人学生が、レストランで従業員同士の会話でスペイン語を喋っているヒスパニック系の従業員に対して、「“あなたの英語のアクセント(なまり)はわからない”と言ってやった」と話していました。つまり、ヒスパニックに対して、“ここはアメリカだ、英語を喋れ”、とストレートにではなく、皮肉をこめて言ったというわけです。アメリカに来ても英語を話そうとしない移民が増えることは、アメリカ人の保守的な感情を刺激し、苛立たせます。こうした保守的な白人層は世代に関係なく、実に多いのです。そして、この苛立ちは、自分たちが抱いてきたアメリカ像が崩れていく危機感につながっていきます。アメリカは、日本やヨーロッパの国々と比べると特殊な国です。もともと多民族が集まって国を形成しましたが、英語を喋るという点で国家としてまとまり、活力ある社会を形成することによって経済のみならず様々な分野で世界のトップランナーになったという歴史をもっています。そのアメリカに、人種の多様化だけでなく、英語を喋らないアメリカ人が増えるということは、アメリカというものが根っこから崩れてしまうような、かなりの危機感を抱かせるのです。それは、共和党の予備選挙で、トランプ氏を支持した人の最重要イッシュー(issue:論争点)にも現れています。「移民」「経済・雇用」「テロ」「財政」のなかで、「移民」が60ポイントで最も高く、日本でトランプ支持者の理由としてよく語られる「経済・雇用」は、「テロ」と並んで42ポイントなのです。つまり、移民問題は、雇用を奪われる問題や犯罪の問題とは別に存在するのです。トランプ氏が「アメリカを再び偉大な国にする」というメッセージや反移民を訴えたとき、保守的なアメリカ人の心をがっちりつかんだのは、“特別な国”アメリカが衰退していくことに対する危機感に応えたからではないかと思います。

国際の関連記事

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.10.3

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 溝辺 泰雄
「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

2018.8.1

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 大畑 裕嗣
アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

2018.7.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 柿崎 繁
気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

2018.7.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 塩津 文隆
イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.4.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 山岸 智子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

2018.11.07

IPOバブルは金融リテラシー欠如の表れ!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

3

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム