明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

民主主義を生き残らせるために

レペタ,ローレンス 230年前、主権はイギリスの王がもっていました。だから、アメリカの憲法がつくられたことは、主権者が王から国民に変えるという革命だったのです。それ以来、アメリカはずっと民主主義国家です。しかし、民主主義は非常にもろいものです。かつて、ドイツのワイマール憲法がヒトラーの大統領令によって踏みにじられていったことがあったように、とてももろいのです。230年前、アメリカ合衆国建国の父の一人といわれるベンジャミン・フランクリンは、「皆さんが民主主義のために戦う限りは、民主主義は生き残る」と言っています。そうです。民主主義は、みんなの力で戦ってくれないと、なくなってしまうのです。

 いま、アメリカでは様々な形の反トランプのデモが起こっています。移民入国規制反対であったり、パリ協定(COP21)の実行や環境保護であったり、また、オバマ・ケアの存続を訴えることもあります。今後、もっと大きなデモがさらに行われると思います。このように、いろいろな形で、一人ひとりが自分の声を上げることが、民主主義を生き残らせていくために、最も大事なことです。そして、最も望まなければならないのが、報道機関の頑張りです。徹底的に取材して発表してほしい、みんなが良くわかるように報道してほしいと思います。ワシントンDCでどういうことが起こっているのか、国民がそれを知るためには、政府が公表する情報だけではなく、政府と関係のない独立的な報道機関が徹底的に調べて提供する情報の価値が大きいのです。国民の知る権利は、政府に対するチェック機能であるとともに、国民主権の絶対的な必要条件でもあります。だからこそ、アメリカ憲法ができたときに、すでに報道の自由は保障されたのです。報道機関は敵だというトランプ大統領の発言は、独裁者の発言と言えるのです。

 トランプ氏は大統領に選ばれましたが、大統領選挙の総得票数では、クリントン氏が200万票以上、上回っていました。トランプ支持者の多くには、いま目の前の自分の暮らしを向上させる期待があることはわかります。しかし、デマゴーグがその期待を巧みに操る独裁者となる可能性があることは歴史が証明しています。アメリカはいま前例のない危機に向かっています。私は、アメリカ国民が民主主義を守るために立ち上がると固く信じています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.10.3

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 溝辺 泰雄
「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

2018.8.1

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 大畑 裕嗣
アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

2018.7.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 柿崎 繁
気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

2018.7.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 塩津 文隆
イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.4.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 山岸 智子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.03

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.09.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

5

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム