明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

司法軽視も、アメリカ憲法上の歴史的危機

 トランプ大統領は、過去に政府で仕事をしたことがありません。私たち一般人が勤める会社のような組織で仕事をしたこともありません。彼は生まれつきお金持ちで、ずっと、自分のやりたい放題をしてきました。だから、大統領になっても、大統領が憲法や法律に縛られるということがわかっていないのです。政治家として、駆け出しのアマチュアです。就任早々問題となった移民の入国規制も、法律の専門家のアドバイスを聞くこともなく、ただ選挙中の公約だからと稚拙なまま反移民の発令をしました。その結果、連邦判事に差止命令を出されると、今度は裁判官に怒り、「so-called judge」いわゆる裁判官と言って裁判官を批判しました。裁判官に対する軽蔑的な言葉というよりも、彼が裁判所の憲法上の権限を認めていないのではないかという心配があります。このことも、報道機関を国民の敵と呼んだことと同じく、独立性を持っている裁判官も敵としているかもしれません。これは、アメリカの憲法上の歴史的な危機と言えます。これまでアメリカのすべての大統領が、憲法を尊敬し、裁判所の命令に従ってきましたが、トランプ大統領には、裁判所がもっている司法審査権を認める意思があるのかすらわかりません。

 私の世代には、1972年に起きたウォータゲート事件が深く記憶に刻まれています。共和党のスタッフが民主党本部に盗聴器を仕掛けたことが発覚した事件ですが、当時のニクソン政権が事件を調査する特別検査官を解任するなどの司法妨害をしたため、世論が猛反発し、大問題となりました。最後に連邦最高裁判所がニクソン大統領に対して違法行為の証拠となるオーディオテープ提出を命令しました。ニクソンは、裁判所の憲法上の権限を認め、アメリカ史上初めて任期中に辞任しました。もし同じようにトランプ大統領と裁判所の間に対立が起こった場合、トランプがニクソンのように裁判所の権限を認めるかどうかわかりません。

国際の関連記事

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.10.3

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 溝辺 泰雄
「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

2018.8.1

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 大畑 裕嗣
アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

2018.7.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 柿崎 繁
気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

2018.7.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 塩津 文隆
イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.4.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 山岸 智子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.03

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.09.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム