明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ氏の勝利によって高まるhateの潮流にストップ!を

明治大学 政治経済学部 教授 海野 素央

白人労働者層を熱狂させた鋭いメッセージ

「クリントン陣営で実際に使用されたプラカード」
「クリントン陣営で実際に使用されたプラカード」
 また、今回の大統領選挙を通して感じられたトランプ氏とクリントン氏の差は、メッセージの鋭さです。トランプ氏は2015年6月16日に出馬宣言をしましたが、以来一貫して「アメリカを再び偉大な国に取り戻す」というメッセージを発信し続けました。その内容は、反移民、反自由貿易体制、反グローバルに徹底され、低賃金や職がない白人労働者や白人退役軍人の不満や怒りを結集させる、いわば「同文化連合軍」を形成していきました。トランプ氏のメッセージには、白人の不満層を熱狂させる鋭さとパワーがあったのです。

 それに対して、クリントン氏はオバマ大統領と同じ「異文化連合軍」の選挙モデルを用い、アメリカ史上初の女性大統領を訴えましたが、「オバマをアメリカ史上初の黒人大統領にしたい」という当時の熱気を生み出すことはできませんでした。その原因のひとつは、メッセージです。クリントン氏は2015年4月に立候補していますが、当初は「中間層のために戦う」がメッセージでした。ところが、このメッセージがまったく浸透していないことを陣営は感じ、2016年7月になって、「Stronger Together」(一緒になればもっと強くなれる)というメッセージを発信し始めます。実際、私が2015年8月にニューハンプシャー州で戸別訪問を行ったとき、「中間層のために戦っているのはヒラリーではない。トランプだ」と白人無党派の女性に言われました。陣営の運動員は新メッセージが出る1年も前に、最初のメッセージは有権者から否定されていることを感じていたのです。つまり、クリントン氏は立候補から15ヵ月間もメッセージの空白があった間、トランプ氏のメッセージは着々と白人労働者層に突き刺さっていたのです。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

人気記事ランキング

1

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2016.05.23

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けて…

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム