明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

移民の急激な受入れ、反民主主義体制のままではEUは瓦解の危機に直面する

安部 悦生 安部 悦生 明治大学 経営学部 教授  前学部長

ブレグジットが示唆するEUの変革

 2017年には、3月にオランダ、9月にドイツで国政選挙、5月にフランスで大統領選挙があります。どの国でも反EUの組織が台頭しており、選挙結果がどうなるかはわかりません。特に、オランダの選挙結果は重要です。反EU派が勝ち、国民投票が行われてEU離脱が選択されるような事態になると、その影響は非常に大きいものがあります。イギリスとオランダは精神的、経済的に非常に近い関係で、もしオランダがEUを離脱した場合、結びつきはより強まるでしょう。この2ヵ国がEUの外でうまくやっていく様子をみれば、EUからのドミノ離脱が起きかねず、そうなればEUが瓦解する可能性もあります。

 ブレグジットの要因を考えることが、EUがすべき変革のヒントになると思います。まず、移民の受け入れは急激に行わず、ステップ・バイ・ステップでゆっくりと行うことです。労働力の移動の自由は理念として掲げ、実際には移民の受け入れに上限を設け、それを人口の0.2%ぐらいにすることが良いと考えます。イギリスならば年間12~13万人、ドイツなら15~16万人となります。それくらいであれば許容範囲でしょう。東欧も域外移民の受け入れを容認しやすくなると思います。移民する側にとっても、一国に集中せず、住民とのトラブルが減ることになれば定住しやすくなるのではないでしょうか。また、EUがここまで拡大した以上、加盟各国が納得する民主的な組織を再構築することが喫緊の課題でしょう。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

2021.8.18

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡
日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

2021.6.30

ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.4.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子

新着記事

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.09.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

人気記事ランキング

1

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム