明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

NAFTAの経験から何を学ぶのか、TPPへの示唆

明治大学 商学部 准教授  所 康弘

私たちがNAFTAから学ぶべきこと

所 康弘 日本はメキシコほど経済力が劣っているわけではないので、NAFTA下のメキシコに起こったことが必ずしも日本に起こるわけはなく、参考にはならないと多くの人が思うかもしれません。しかし、もっと複眼的な視点で考察することの重要性を、メキシコの事例は示してくれています。TPPに参加するメキシコよりさらに経済力や政治力に劣った加盟国(南米や東南アジアの途上諸国)の経済社会に与えるであろう影響についても、配慮すべきでしょう。

 そもそもTPPとNAFTAでは制度面で類似点が見られます。両協定とも直接的な関税および非関税障壁の撤廃にとどまらず、投資、サービス、知的財産権、政府調達、紛争解決手続きなど広範囲に渡る、まさしく「WTOプラス」とも言える包括的枠組みとなっています。関税撤廃に関する基準も両協定ともに高水準が求められます。そして、NAFTAと同様、TPPのルール作りと交渉もアメリカ政府と同国の特定分野の多国籍企業主導によって進められてきました。将来的にはこのアメリカ流の通商ルールの適用範囲を地理的に拡大させる狙いもあります。製造業のみならず、特に知的財産権の交渉では製薬会社やアグリビジネスなどの利益や便宜を最大化することも図られています。薬の特許保護の強化は、安価な後発医薬品生産の阻害要因となり、途上諸国の人々にとっては健康問題に直結する問題です。また、アメリカの強力な銀行・保険企業はおそらくTPP加盟国に対しても、積極的な進出を進めるでしょう。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛
フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.7.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 川竹 英克

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム