明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

多民族社会からの智恵と暗黙知

 「暗黙知」を成立させ、機能させたのは3つ条件であった。1つは、多民族に制度設計過程における「参加」を保証したことであり、もう1つが「棲み分け」を認めたこと、そして最後は「持続的な経済成長」であったと考えている。
 多民族国家で起こる問題は、教育制度などさまざまな制度設計に民族構成をどのように反映するか、という点に関わる。例をあげれば、選挙区割り、住宅政策、他にも公務員の採用枠や公共事業の配分など、さまざまな場面での民族構成への配慮が必要になってくることだ。マレーシアはこの配分をめぐる基本ルール作り-連邦憲法制定-において、当時、この国を構成していた民族代表の参加を保証し、その過程を経てルール作りに成功した。憲法がいわば、民族間の「社会契約」になったことを意味する。
 もちろん、このルールはあくまでも基本ルールであり、いつも皆が納得して遵守されてきたわけではなく、しばしば制度そのものも機能不全に陥った。その際に、安定をもたらしたのが、「棲み分け」の論理であった。これまでマレーシア政府は、民族ごとに就業産業や職種が固定化する社会を再編成することをめざしていた。確かに就業構造は大きく変貌し、マレー人は農村部住民から都市住民になり、その職業も農業から製造業、サービス業へと変貌した。しかし、良く眺めてみると、一定の新しい棲み分けがなされている。3つめの条件である持続的な経済成長を支えた担い手を見ると、その棲み分けが見える。製造業を支えた外資系企業、そしてそれを下支えする支える中国系地場企業、そしてその外延に広がるマレー人のサービス業や国営企業群である。
 それでは、日本ではどうであろうか。今後さらに進展する多民族社会化の中で、「参加」と「棲み分け」のルールは機能するであろうか。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛
フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.7.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 川竹 英克

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム