明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

変化する日本と東南アジア関係 ―多民族社会から学ぶ日本社会へ

鳥居高教授 もう1つの代表的な棲み分けの例が、高等教育である。マレーシアでは国立大学はこれまでマレーシア語、私立大学は英語で講義が行われてきた。英語による授業運営が基本となれば、教育対象は世界に広がる。多民族の社会基盤を持つ東南アジアの国々では、高等教育をサービス産業として捉え、世界から学生を集め、人材を育成しようとしている。日本の製造業が東南アジアで圧倒的なレベルにあった時代には、苦労してでも来日して、知識や技術を習得してきたが、もはや、後発の東南アジア諸国を除けば、日本への関心は薄い。むしろ、高等教育ではJapan Passingともいえる状況にある。
 他方、日本企業の東南アジア関与も変化してきた。かつての製造業の生産拠点と位置づけられた、島嶼部東南アジアでは日本のサービス業の海外展開も本格化してきた。コンビニエンスストアや小売・流通業が主流だが、次は教育産業であり、ケアビジネス産業などである。日本企業がグローバル化を標榜するならば、多民族社会への理解は必須となっている。
 翻って、日本の学生も、国内のアルバイト先などで南アジアや東南アジアからの留学生に接する機会が増えているため、多民族社会という現実には違和感がなくなっている。どの民族へもフラットな視点で、肌感覚で多民族に接している。そういう意味では、日本社会も確実に多民族化してきているといえる。
多民族社会化への道は、すなわち、国際標準化の現れともいえる。現状認識をもう一歩進めて、多民族化によってどのような問題が起こるのかということを想定したルールづくりや社会システムの構築を「参加を保証しながら」促進することが早期に求められる。その時、マレーシアなどの島嶼部東南アジアは、非常に重要な視座を含んでいる。

(注)15世紀を中心に、明王朝が敷いた朝貢・冊封体制という国際環境もとで、マラッカ海峡に面したマレー半島西海岸という地の利も得、東アジアとイスラーム世界とを結ぶ東西貿易の拠点として栄えた港市(こうし)国家。1511年にポルトガルの手によって、マラッカの地を追われ、マレー半島南部にその後継国家ジョホールラマを開いた。

※掲載内容は2013年7月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛
フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.7.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 川竹 英克

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム