明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

鈴木 雅博 鈴木 雅博 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授

権利を見落としていることで生まれる「ブラック」な環境

 教師にとっての「ブラック」も、子どもにとっての「ブラック」も、根っこの部分は同じ問題なのです。つまり、両者の権利の軽視です。

 もちろん、学校にも話し合いのしくみがあります。職員会議は重要なはたらきをもっていますし、子ども同士で話し合う機会もたくさん設けられています。こうした話し合いは自分たちの権利を守るための手立てとなるはずです。

 しかし、職員会議では「子どものため」といった教育の論理が話し合いを規定し、「働く者の権利」が議論の枠組みとなることが難しいのが現状です。

 また、生徒会活動のような場面も、教育の一環に位置づけられることで、子どもの権利保障という性格を弱めてしまっているように思われます。

 そこにおける子どもは、あくまでも教育の対象であり、必ずしも一個の権利主体として尊重されているわけではありません。

 例えば、生徒は頭髪や服装等について自分たちで決めることは許されておらず、議題は、教師が適当と認める範囲内に限られています。ここには、民主的な形式を見ることはできますが、自分たちのことについて自由に意見を述べ、聞き届けられるという民主制の実体を見出すことはできません。

 学校の「ブラック」とは、社会の基本となるはずの人びとの権利や民主制に向き合ってこなかったことがもたらしたものだと言えます。

キャリア・教育の関連記事

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 湯淺 幸代

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム