明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

チャレンジすることで未来は拓ける ―レトリック批評の現在と現代若者論―

鈴木 健 鈴木 健 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

若き日のディベートが出発点だった

鈴木健教授 私が研究対象としているのは「公の説得の技法としてのレトリック批評」です。まず最初に、私自身がこの学問分野に行き着いた経緯を語ることから始めたいと思います。英語に堪能になることに憧れていた私は、大学に入学するとさっそくEnglish Speaking Society (ESS)という英語サークルに入ることにしました。その中で私が選んだセクション活動は「ディベート」です。2年生になって対抗試合に出始めましたが、1年間はとにかく出ると負けで、予選を通った記憶がありません。3年生時にはディベート・セクション・チーフになったこともあって、できることはすべてやってみようと頑張りました。秋の大会では東日本大会決勝戦まで駒を進めましたが、最後の最後で負けてしまいました。それが悔しくて、3年間の社会人生活を経た後、カンザス大学コミュニケーション学部大学院修士課程にディベートをテーマに修士論文を書きながら、アメリカ人大学生相手にディベートコーチを務めました。
 私が最初にアメリカに留学したのは、ディベートを勉強したかったからであり、修士論文も日米大学生ディベート活動の比較がテーマでした。ディベートはある主題について異なる立場に分かれ議論するコミュニケーションの形態ですが、議論学(Argumentation)と呼ばれる議論のプロセスや説得力等が研究対象とする学問分野の一部となります。それが敷衍して、「レトリック批評」(Rhetorical Criticism)や「説得コミュニケーション論」といった、現在の研究対象に行き着いたのです。
 カンザス大学大学院では、日本人として初の全米ディベート選手権審査員を務め、さらに3年後に留学したノースウエスタン大学大学院博士課程では日本人として初の全米ディベート選手権優勝校のコーチを務めるという僥倖にも恵まれました。

キャリア・教育の関連記事

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本多 貴之
「狂言」には、心安らぐ「笑い」がある

2021.11.5

「狂言」には、心安らぐ「笑い」がある

  • 明治大学 文学部 教授
  • 伊藤 真紀
哲学は現実離れしたもの?

2021.9.3

哲学は現実離れしたもの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎

新着記事

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

2021.12.23

様々な知識を掛け合わせ、新しいものを生み出そう

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

2021.12.16

自分を導いてくれる出会いを大切にしよう

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.12.22

法律は「物語」からできている!?

5

2022.01.14

日本人は本当のM&Aをまだ知らない!?

リレーコラム