明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

スポーツは、プレイヤーが皆ただの「消費者」になると発展が止まってしまう

澤井 和彦 未来の運動会に複数回参加しているリピーターに話を聞くと、スポーツに対する見方が変わった、と言う方が多いようです。

 参加者の1人の中学生は、スポーツの見方が変わったと同時に運動部活動に参加する意識も変わった、より主体的にかかわるようになった、と話してくれました。

 また、スポーツハッカソン参加者にはもともとスポーツが好きだったという方も多いですが、中にはスポーツは苦手で体育は嫌いだったけど、これなら自分も参加できる、という方もいます。アイデアを出すのには体力やスポーツの得意不得意は関係ありません。

 山口情報芸術センター(YCAM)ではこのスポーツハッカソンのプログラムを山口県内の小学校の総合学習の時間に実施していますが、その担当の先生にお話をお聞きしたところ、それまでクラスで目立たなかった子どもが急に活躍しはじめた、と仰っていました。

 スポーツが得意な子も楽しく参加していますが、そういう子のアイデアは既存のスポーツに寄ってしまっていて、あまり面白くないので採用されなかったり、それに対して頭はいいけどふだんはあまり前に出てこない、スポーツでもあまり目立たない子どもが急に積極的に発言しはじめ、新しくて面白いアイデアをばんばん出して、スポーツハッカソンをリードしていたのが印象的だった、と仰っていました。

 こういう新しい才能がどんどんスポーツに関わってくれるかもしれないというのも、「未来の運動会」ならびに「スポーツ共創」の可能性だと思っています。

 スポーツは、プレイヤーが全員ただの「消費者」になってしまうと発展が止まってしまうのです。スポーツ共創に参加する人が増えて、スポーツは自分たちでつくれる、ルールは自分たちで変えられる、という考えや態度が拡がっていけば、日本の”スポーツ”はもっと豊かになると思います。

 最後に、最近「アスリートファースト」という言葉をよく聞きますが、あれは「アスリートは消費者」宣言です。とくにトップアスリートが「アスリートファースト」などと言ってしまうのは、とても残念なことだと思っています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 湯淺 幸代
数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

2020.10.7

数字が動く図やグラフになると、数学の世界が広がり始める

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 阿原 一志
子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.6.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 鈴木 雅博

新着記事

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

人気記事ランキング

1

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム