明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

明治大学 文学部 准教授 関根 宏朗

「道徳」に期待される可能性は大きい

これはあくまで私見ではありますが、教員を目指す学生たちと日々接しておりまして、相対的に真面目で優秀な学生が多いと感じています。彼ら・彼女らと話をすると、安易に昔ながらの画一的な教導へと向かうようなことはほとんどないだろうとつい楽観してしまいますし、またこれから「道徳的諸価値についての理解を基に」した教育を充分に展開していってくれるだろうという期待も膨らみます。しかしそれでもやはり、学生たちには、道徳教育における画一化の危険性について教育者はどこまでも反省的な注意を繰り返す覚悟が必要であると肝に銘じてほしい、そう常々考えています。

私が専門とする教育思想の分野においては、教育的な働きかけはすべからく恣意的な暴力性をともなうものであるという視点がすでに一般的になって久しいところです。すなわち教育とは無垢な子どもたちに対して“所与の規範”や“社会の常識”を押しつけるという強制をともなった、ある側面においてはきわめて暴力的な社会装置だという理解です。とはいえ教育は同時に子どもたちが生きていくうえで欠かせないものでもあります。九九の暗記はなかば強制的に行われますが、それはおそらく社会で生活していくうえであった方が良い知識であるし、また九九から始まって覚えた複雑な数的操作がときに論理的な思考力を磨いたり、さらには高尚な数学的な閃きの快感を得るまでに学びを深化させることもあるわけです。このように教育という社会的な営みをある種の暴力性をともないつつも社会の一員となるために不可欠ないわば「必要悪」であると複合的に捉えるならば、本欄でふれた道徳教育もまた本来的に非常に危ういものであることが理解されるでしょう。反面、この新しい「教科」は豊かな可能性に満ちてもいます。他の諸教科と連携してその教育的な働きかけの意義を深めることも十分に見込めますし、さらには教育一般そのものの基礎となる可能性さえ期待できるかもしれません。あるいはその一つの鍵こそが、複数的な価値にふれて自律的、対話的な姿勢を錬磨するという学びの構えなのではないでしょうか。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム