明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

横川 綾子 横川 綾子 国際連携機構 特任教授

英語を避けていては、人生の豊かさの何割かを失ってしまう

 社会のグローバル化が進む中、日本の英語教育は改革すべき点ばかりのように思われがちですが、例えば、いわゆる「受験英語」は、英文の構造や意味を効率良く把握することができる、非常に良くできたパッケージであると私は思っています。私自身、高校3年までの受験英語を基礎として英語力を高めることができました。いま、社会人の皆さんも、これから英語の4技能を身につけた新社会人がやって来ると戦々恐々となるのではなく、ご自身の基礎語学力に自信をもち、グローバル社会に対応できる英語力を磨いてほしいと思います。世界で活躍する日本のビジネスマンや学者の方でも、話す英語はいわゆる日本訛りであったり、訥々としていたりします。それでも人々は聞く耳を立てます。それは、話の内容があるからです。流暢に喋るネイティブでも、話の中身がなければ誰も聞こうとしません。こうした場面に私も幾度となく遭遇しました。社会での経験値や知識を持ち、交渉術を身につけたビジネスパーソンの皆さんは、それを日本語から英語にスイッチすれば良いのです。完全によどみなく流暢に喋ろうと思わず、まず、聞き手に多くの負担を課さない英語を話す人をロールモデルにしてみましょう。受験英語を突破した皆さんの基礎力があれば、短期間の集中学習でそのレベルに達することができるはずです。あとは実際の英会話を始め、トライ&エラーで力をつけていけば良いのです。まず、土俵に上がりましょう。英語を避けていたことで失っていた生活の豊かさや充実度を、取り戻せるきっかけになるはずです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

哲学は現実離れしたもの?

2021.9.3

哲学は現実離れしたもの?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.7.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.6.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム