明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

国際連携機構 特任准教授 横川 綾子

英語教育には、国語教育との連携が必要

横川 綾子  英語教育は、国語教育と連携した言語教育として行っていくべきだと考えています。例えば、英語圏の国語教育では、Show and Tellといってプレゼンのように自分の好きなものを紹介したり、ディスカッションの中で自分の意見を即興でまとめて発言するという授業を定期的に行っています。それは、頭の中にあるものをわかりやすく伝えるという訓練です。こうした訓練を重ねることで、思考を的確に言語化する能力が培われるのです。日本は島国で、言語の背景にある文化の共有度が高いという歴史があったためか、話し手がすべてを語らず、聞き手のセンスや理解力に委ねるというコミュニケーションが発達しました。そのため、行間を汲み取る訓練、つまり読解力は国語の授業で重視されており、鍛えられますが、それに比べ、思考を言語化する訓練は軽視されていると感じます。その結果、母語でできないことが、英語でできるはずがないのです。しかし、英語の世界では「話し手責任、書き手責任」です。伝わらなければ、発信者の責任になります。ある大学では、「日本語表現法」という授業を1年生の必修にしています。レポートや論文の的確な書き方を教える授業ですが、こうした訓練が基礎となり、英語による表現力も高められていくと思います。その意味で、注目すべきプログラムです。しかし、諸外国ではこうした訓練が小学生から行われていることを考えれば、日本でも大学での対応以前に、早い時期から発信力養成を国語教育に取り入れることが必要だと考えます。母語で培った発信力を英語でさらに開花させていければ、言語教育として理想的です。

キャリア・教育の関連記事

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

人気記事ランキング

1

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム