明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授 青井 倫一

ファミリービジネスの後継者を育成する

青井倫一教授 私は元々、不確実性の下の意思決定という、不確実な事象を含む市場・社会へのマネジメントにおける、「合理的に選ぶプロセス」を「決める能力」として、レベルアップさせることを研究対象としてきた。そこからリスクマネジメント、競争戦略という不確実性を扱う経営分野にシフトしている。私が教鞭をとる専門職大学院グローバル・ビジネス研究科(MBS)も、不確実性と隣り合わせのファミリービジネスと密接な関係がある。MBSは日本経済・社会のダイナミズム高揚のための取り組みの一つとして、ファミリービジネス発展のための後継者およびサポート人材の育成をターゲットとしている。後継者候補はたとえ一芸に秀でていても、ジェネラルマネジャーでなければ良い経営者にはなれない。優れた後継者育成を通じて、地域社会の発展に寄与したいと考えている。
「グローバル・ビジネス」といえば多国籍企業が携わるビックビジネスをイメージしがちだが、これからの日本の成長を考えたとき、むしろ地域経済の担い手であるファミリービジネスにこそ、国際的な視野を備えたジェネラルマネジャーが必要である。今、イノベーションを打ち出さなければ、やがて日本は見放されることになりかねない。ファミリービジネスに関わる人々が、国際的なネットワークを活かしてアイデアを示せば、日本全体にダイナミズムが生まれるだろう。そして、このダイナミズムの復権こそが、私が社会へ提言したいことでもある。そのためには、それぞれの環境において、一人一人が「現状維持バイアス」からの脱却を図らねばならない。ダイナミズムは従来のやり方を踏襲していては生まれない。「敢えて動くこと」である。動かないための理由をつけて「NO」というのではなく、「Say, Yes」。適切なリスクマネジメントでリスクテイクするアクションが、日本の社会・経済にダイナミズムを生んでいくと考えている。

※掲載内容は2014年12月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

  • 明治大学 経営学部 専任講師
  • 鷲見 淳
SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.11.6

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

  • 明治大学 経営学部 特任教授
  • 関 正雄
渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 佐々木 聡
株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

2019.2.27

株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 三和 裕美子
パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

  • 明治大学 商学部 特任講師
  • 東野 香代子

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

人気記事ランキング

1

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2016.05.23

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けて…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム