明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

青井 倫一 青井 倫一 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授

注目される血縁・地縁をベースにした経営体系

青井倫一教授 従来、企業経営においては米国流の市場ベースの経営が主流であり、ビジネススクールのカリキュラムにおいても同様であった。市場ベースの経営の大前提は資本市場に参加することであり、その上で株主資本利益率であるROEを高める、すなわち成長率を向上させ利益率を維持していくというものである。しかし、リーマンショック以降、ロバストネス(頑健性)に重きをおいたファミリービジネスという経営体系への関心が高まりつつある。ファミリービジネスとは、資本市場に重きを置かず、血縁・地縁をベースにした経営体系で、その多くは地域に根付いた中堅中小企業だ。「老舗」と称される企業も、ファミリービジネスが多い。
世界的にみて、経済・社会の基盤を支えているのがファミリービジネスである。ファミリーによって所有・経営されている企業は、世界の企業数の約70%を占めると言われている。ファミリービジネスが注目を集めたのは、ドイツの経営学者ハーマン・サイモンが1990年代に体系的な調査を行い、「hidden champions=隠れたチャンピオン」と呼ぶべき企業が多数ドイツ国内に存在していることを明らかにしたことによる。「隠れたチャンピオン」の多くは、中堅中小企業であり、同族経営、未上場、地方に基盤を持ち、社歴が長いことなどを指摘している。これはドイツのみならず、世界の先進国で同様のことが見出せるとしている。

ビジネスの関連記事

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

2021.7.9

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

2021.6.25

企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 山口 不二夫
ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム