明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

BOPビジネスが、日本を救う ―グローバル・マーケティングからの提言―

大石 芳裕 大石 芳裕 明治大学 経営学部 教授

「BOPビジネス」とは何か

 企業活動を通じて途上国の社会問題を解決するという考えは、1990年代の後半から提唱されてきたが、その背景にはベルリンの壁崩壊、それに続くソビエト連邦の崩壊があったと考えられる。貧富の差をはじめとした資本主義が生み出す弊害・社会問題を解決するため、20世紀、人類は統制経済による社会主義国家の建設という壮大な実験を行った。しかし1980年代後半、社会主義は幻想であったことが露呈し、世界地図から多くの社会主義国家が消えていった。そうした事態において人類は、資本主義の枠組みの中で社会問題を解決することを迫られたのである。そこで提唱されたのが「BOPビジネス」だ。
「BOP」とはBase of the Pyramidの略である。世界の所得別人口構成の中で、最も収入が低い所得層を指す言葉であり、一人当たり年間所得が2002年購買力平価で3,000ドル以下の階層で、全世界の人口の約70%である40億人がここに該当するといわれている。その市場規模は5兆ドルに上るとされ、企業が途上国において「BOP層」を対象に持続可能性のあるビジネスを行いつつ、生活改善や社会問題の解決を達成する取り組みが「BOPビジネス」である。
従来、途上国の貧困層を支援するのは、食糧援助や資金援助を中心に行われてきた。しかしそれらは一過性のものにすぎない。「BOPビジネス」をわかりやすくいえば、空腹の人に魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えることである。「BOPビジネス」が成功すれば、現地の人たちは貧困から脱却して自立し、新たな消費者となり、新しい市場も生まれる。社会問題の解決と企業の収益確保の両立を実現し、WIN-WINの関係を構築することが「BOPビジネス」の核心にある。では、日本企業はどのような「BOPビジネス」を展開しているか、いくつかの例を紹介したい。

ビジネスの関連記事

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム