明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

大里 修一 大里 修一 明治大学 農学部 准教授

本学も取り組む最新技術、TAQingシステム

 新しい分子育種法の最新研究のひとつとして、TAQingシステムがあります。

 現在、盛んに研究されているゲノム編集は狙ったDNAを正確に切ることがポイントになります。しかし、植物の病原体に対する抵抗性の向上は、ひとつの遺伝子の組み換えだけで得られるものではありません。抵抗の仕組みは複数の遺伝子による複雑なネットワークで形成されています。

 しかし、遺伝子をひとつひとつ組み換えながら確認していく作業だと、やはり、手間と時間がかかります。そこで、一度に複数の遺伝子やDNA領域を切ったらどうなるか、という発想から始まったのがTAQingシステムです。つまり、より大きな変化が期待できるわけです。

 また、自然界における遺伝子組換えは、父方と母方の遺伝子を子に受け継ぐ減数分裂のときに起きますが、TAQingシステムでは、それを減数分裂時に限らず、体細胞レベルで起こします。

 植物はもともと似た遺伝子をたくさん持っているので、体細胞の遺伝子に損傷が起これば、似た遺伝子で修復しようとします。それが、新たな形質を獲得するチャンスになるのです。

 とはいえ、TAQingシステムはまだまだ始まったばかりの研究で、私たちの研究チームも基礎研究の段階です。

 いまは失敗することがほとんどですが、トライアルアンドエラーの積み重ねの中から、人類は様々な技術を発展させてきました。農作物の耐病性育種も、こうした地道な研究から成果を出し、被害を減らしていくことに繋げられると考えています。

 研究は失敗の連続ですが、それがピラミッドの底辺のように広がり、積み重なることで、高い頂点が成果として残ります。ビジネスをはじめ、皆さんの様々な仕事も同じだと思います。

 私たち研究者も、一度や二度の失敗にめげず、それは頂点に達するために必要なことという思いで、歩みを止めず頂点を目指しています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

2021.7.9

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

2021.6.25

企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 山口 不二夫
ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム