明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

新しい価値を創出するイノベーションを育てるのは、私たち自身

山内 勇 山内 勇 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授

>>英語版はこちら(English)

最近、イノベーションという言葉をよく耳にします。一般には、技術革新と訳されることも多く、現状を打開する技術や工夫という意味で捉えられがちですが、本来は、技術の変化だけでなく、経済発展の重要な要因として捉えられるものだと言います。それは、当然、私たちの生活にも関わってくるものです。

普及することで新しい価値は生まれる

山内 勇 いま、私たちは、朝、起きてスマホで予定を確認し、通勤や通学中にニュースや友人のSNSをチェックし、ランチや夕食のお店を検索し、Google マップを見ながらお店に行き、帰宅してからAmazonや楽天でショッピングをし、寝る前にはNetflixでドラマや映画を観たり、オンラインゲームをしたりする生活が当たり前になっています。

 わずか20年前には考えられなかった生活です。しかし、その20年前も、それ以前には考えられなかったような新しい生活をしていたのです。

 すなわち、私たちは、常に、自分たちを満足させてくれる製品やサービスを取り入れ、それが新たな価値となり、生活を変化させることを重ねてきているのです。

 そうした新しい価値を生み出すことが、イノベーションなのです。

 重要なのは、どんなに革新的なアイデアや技術であっても、それが普及しなければ、新しい価値は生まれないということです。

 例えば、経済学では、効率性という概念によって善し悪しを判断しますが、効率性とは、簡単に言えば、人々の満足感の合計と企業の利潤の合計を足し合わせたものです。それは社会的な価値と言い換えることもできます。

 つまり、イノベーションとは、より多くの人々に満足感を与えること、それは普及するということであり、それによって企業は多大な利益を上げることができ、すなわち、経済発展の重要な要因となるわけです。

 このようなイノベーションは近年に始まったことではなく、歴史上、何度も繰り返して起きてきました。

 例えば、産業革命などはその典型です。生産技術の革新は、それによって生み出される製品やサービスが人々の満足感を高め、それを提供する企業に大きな利益をもたらし、経済発展に繋がりました。

 しかし、産業革命は、同時に様々な問題も起こしています。

 現代は、第4次産業革命の時代と言われていますが、過去の産業革命を検証することで、イノベーションによって起こる問題と、それに対してどのように対処していったら良いのかを学ぶことができます。

ビジネスの関連記事

自社のあり方は自分たちが決める。それがパーパス

2022.10.12

自社のあり方は自分たちが決める。それがパーパス

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 古川 裕康
ESG投資はイノベーションを促す一歩になる

2022.10.5

ESG投資はイノベーションを促す一歩になる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 王 京穂
小売業を改革するのは、小売業の「ものづくり」!?

2022.9.30

小売業を改革するのは、小売業の「ものづくり」!?

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 戸田 裕美子
KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.8.5

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
補助金を巡る意識改革が必要

2022.7.6

補助金を巡る意識改革が必要

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

3

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事