明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

明治大学 法学部 教授 小西 康之

最近、有期雇用の人たちが、無期雇用の人たちとの労働条件の格差の是正を求める裁判がマスコミなどでも大きく取上げられています。政府も、働き方改革関連法案を重要な政策と位置づけています。

労契法20条は有期と無期の労働条件の相違を解消する法律ではない

小西 康之 2013年に施行された労働契約法20条により、有期契約で働いている人と、正社員など無期契約で働いている人との間で、 期間の定めがあることを理由に、労働条件に不合理な差をつけることは禁じる、と定められました。この条文が設けられたことで、格差是正を訴えて訴訟を起こす有期雇用の人も出てきました。すでに、いくつかの事件では地方裁判所や高等裁判所で裁判例が出ています。ところが、ある事件では原告の訴えが一部認められたり、別の事件では原告の訴えがほとんど棄却されたり、また、一審と二審でまったく逆の結論となるケースもあります。なぜなのか。実は、この労契法20条は、有期雇用と無期雇用の労働条件に違いを設けることを禁じているわけではなく、あくまでも、「不合理な差」をつけることを禁じているのです。そのため、有期雇用と無期雇用で労働条件に差があっても、裁判では、それが不合理なものなのかどうかが問題になるわけです。ところが、不合理かどうかを予測するのは簡単ではありません。実際の事件を例に、裁判例の違いを見てみましょう。

ビジネスの関連記事

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.9.2

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴
ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.7.8

ブランド価値の向上が日本企業の課題

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2020.12.23

「源氏物語」は批判精神に充ちた「硬派」の物語!?

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2020.12.09

あなたは、得があれば個人情報を差し出しますか?

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.01.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム