明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

社会人も大学で学びキャリアアップにつなげよう

盛本 圭一 盛本 圭一 明治大学 政治経済学部 准教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【97】

私が学部生だった頃、一般教養の授業を受けた、磯田道史先生(国際日本文化研究センター教授)です。

よく歴史番組などでコメンテーターとして出演されている方ですが、あの『武士の家計簿』の著者で、社会経済史を研究されています。

授業では本に出てくるような話もされていましたが、とにかく専門的で、言ってみれば “オタク”のような内容も多い。しかしどこまでも楽しそうに講義を続けられるのですよね。

当時はまだそこまで有名ではなかったのですが、話はすごく面白い。学生からしても「この人は研究者としてのケタが違う」とはっきりわかりました。

「社会にとって価値がある」というより「私はこれが楽しい」に集中し、専門家がどのくらい細かいところまで詰めて、磨いて、教えているのかを目の当たりにすることができました。

自分の研究が大好きで、学問への興味がどこまでも尽きない磯田先生が目の前にいた。その出会いが、研究者を目指した一番のきっかけです。

これからは専門性というものが、キャリアを構築するうえでさらに大事になってきます。社会人にとって、学ぶことがすごく大切になってくるはずです。

専門的な技術や知識を持っている専門職を簡単に目にすることができるのは大学です。

ぜひ大学の社会人講座などに行かれて、専門知識の学びはもちろん、大学教員とはどんな人間か、日頃からどういうことを話しているかを観察するのも面白いと思います。

最近は副業も推奨される時代ですから、起業に役立ったり、仕事のヒントや素晴らしい仲間に巡り会えるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事