明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【26】

私は人生において、同じく研究者である父から影響を受けたところが大きいです。父は数学、私は経済学と、研究分野こそ違いますが、子供の頃から研究者としての父の背中を見て育ちました。

父は礼儀の面でも、教育の面でも大変厳しい典型的な“昭和の父親”で、私は幼い頃から怒られてばかりでした。中でも繰り返し注意されてきたのは、「少しでも例外が存在するものに、絶対という言葉を軽々しく使ってはならない」ということ。

数学者としての職業病なのか、そういう性格だからなのか、物事を常に厳密に考えるよう言われていました。子供心に何もそこまで、と思っていましたが、大人になるにつれてそのおかげで何度も助けられています。

もう一つ印象深いのが、数学が苦手だった学生時代の私への「数学は才能ではなく、鉛筆を手に机に向かった時間の長さだ」という言葉。

安易に才能のせいにせず、まず努力すべきという、研究者だからこその叱咤激励でしたが、その姿勢にいつしか尊敬の念を抱き、同じ研究の道に進みました。

父は息子の私だけでなく、学生にも厳しいことで知られています。同じ立場となったいま、その厳しさは「大学生であれば、ここまで到達してほしい」という想いから来ていると感じるのです。子供の頃はあんなに嫌だった厳しい父の教育も、今では感謝してもしきれません。

ビジネスの世界でも、たとえ「昭和」と言われようが、部下や後輩の方に対してときには期待を込めながら、熱く指導してみてはいかがでしょうか。それはきっと相手の成長に繋がり、いつか必ず感謝される日が来ると思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.09.07

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

人気記事ランキング

1

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

5

2018.06.06

グロテスクを含み、周囲を侵食する「かわいい」は、日本の美意識の…

リレーコラム