明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

努尓買買提 依克山 努尓買買提 依克山 明治大学 政治経済学部 専任講師

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【26】

私は人生において、同じく研究者である父から影響を受けたところが大きいです。父は数学、私は経済学と、研究分野こそ違いますが、子供の頃から研究者としての父の背中を見て育ちました。

父は礼儀の面でも、教育の面でも大変厳しい典型的な“昭和の父親”で、私は幼い頃から怒られてばかりでした。中でも繰り返し注意されてきたのは、「少しでも例外が存在するものに、絶対という言葉を軽々しく使ってはならない」ということ。

数学者としての職業病なのか、そういう性格だからなのか、物事を常に厳密に考えるよう言われていました。子供心に何もそこまで、と思っていましたが、大人になるにつれてそのおかげで何度も助けられています。

もう一つ印象深いのが、数学が苦手だった学生時代の私への「数学は才能ではなく、鉛筆を手に机に向かった時間の長さだ」という言葉。

安易に才能のせいにせず、まず努力すべきという、研究者だからこその叱咤激励でしたが、その姿勢にいつしか尊敬の念を抱き、同じ研究の道に進みました。

父は息子の私だけでなく、学生にも厳しいことで知られています。同じ立場となったいま、その厳しさは「大学生であれば、ここまで到達してほしい」という想いから来ていると感じるのです。子供の頃はあんなに嫌だった厳しい父の教育も、今では感謝してもしきれません。

ビジネスの世界でも、たとえ「昭和」と言われようが、部下や後輩の方に対してときには期待を込めながら、熱く指導してみてはいかがでしょうか。それはきっと相手の成長に繋がり、いつか必ず感謝される日が来ると思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.7.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.7.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

2021.7.8

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

2021.7.1

恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
自由な話し合いから、「考える力」を高めよう

2021.6.29

自由な話し合いから、「考える力」を高めよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 山口 不二夫

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム