明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“書くこと”と“立つこと”で、頭を活性化しよう

城田 慎一郎 城田 慎一郎 明治大学 商学部 専任講師

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【72】

私は統計学を専門にしていますが、研究に関する話題は、ネットでの論文検索や研究仲間との会話などから情報収集しています。

こうして集めた情報を整理する際は、ひたすらWordに考えを書き溜めています。

書いているうちに次々と疑問がわいてくるので、それを検証しながらさらにメモを取っていくのが習慣です。

仕事をしている最中にも様々なアイデアが浮かんでくることがありますが、一旦それを“気になったことリスト”としてアウトプットしてしまい、後で考えるようにしています。

そうすることで、目の前の仕事に集中しやすくなるからです。

私はあまり紙を使わないのでWordにまとめていますが、ノートでも何でも構いません。ビジネスパーソンの方でしたら携帯電話に録音するのも良いと思います。

もうひとつ私が行っているのが、スタンディングで作業をすることです。

実は座ると眠くなってしまうというのもありますが、立っていることで血液の巡りが良くなり、頭が冴えてくるのです。

踏み台で足を動かしながら、スクワットをしながら、パソコンの操作などを立ったまましています。

私の例は極端ですが、デスクワークの多い方は、時々体を動かしてリフレッシュすることも大切ではないでしょうか。

メリハリをつけて作業に取り組むことで、新しいアイデアが生まれやすくなるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.7.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.7.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

2021.7.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

2021.7.8

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

2021.7.1

恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム