明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人の意思決定のプロセスを観察し、発想に活かそう

藤井 陽一朗 藤井 陽一朗 明治大学 商学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【45】

私の研究は意思決定論という分野なのですが、望ましい将来のために「あらかじめどういう行動を取るべきか」「どういう風に準備すべきか」と考えることをしていて、保険や年金などは一つの応用例になります。

研究分野的には心理学、経済学、商学など、たくさんの考え方が入って分析が進められていますが、すべての源は人々の行動にあります。

例えば、家を買うときに、マンションにするのか、戸建てにするのかといった、一度決めてしまうとなかなか取り返しのつかない大きな選択から、「今日のお昼ご飯はどこのレストランに入って何を食べよう」というものまで、日々私たちは大小かなり幅広く選択しながら生活をしているのです。

そのため私は、自分自身や人々の行動を比較・観察しながら、「なぜこのような選択をするのか?」という素朴な疑問を持つように心がけています。

他の人が自分とは異なる判断をした材料は何だったのかと考えてみることで、新しい発想などが生まれてくる可能性もあるからです。

読者の皆さんの会社の中には、一見変わった行動を取っていたり、自分の認識と異なる行動基準で動いていたりするのに、しっかり成果を出しているというような人はいませんか。

そうした人たちの行動のもとが何なのかを考えてみることで、自分の仕事の参考になるようなことが見つかるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

人気記事ランキング

1

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム