明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

リラックスした状態で考え続ける習慣を作ろう

阿原 一志 阿原 一志 明治大学 総合数理学部 教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【63】

私がアイデアを生み出すために大切だと思うのは「考え続けること」です。

「考える」という人間の営みには2種類あり、学校の試験や大学入試のように「決まった時間内に最大のポテンシャルを出すこと」がまずひとつ。ただ、これは集中して一気にやる方法なので、体力が必要ですし、長く続けるのは無理があります。

一方で、散歩をしているときやお風呂に入っているときなどに、ふと新しい発想が浮かぶことがあります。

私たち数学者が数学について考えるのがこのスタイルです。ひとつの問題を長い間切れ目なく考えることで、はじめて独創的な結論や証明方法を思いついたりできるのです。

食事中も休憩中も移動中も数学について考えていてはくたびれてしまいそうですが、数学者にとっての思考とは、息をすることに付随しているようなものなので、体はリラックスしながらも「いつでも考え続けている」状態をキープできます。

この思考方法は数学に限りません。特別な才能がなくても、誰もが習慣づけることで行えるようになります。

著名な数学者である故佐藤幹夫先生が「朝起きて“さあ、きょうも数学をやるぞ” なんて言っている間はダメだ。数学とともに眠り、数学とともに目覚める。」とおっしゃったというのは有名な逸話です。

考え続けるということはこの言葉に近いものがあります。リラックスした状態で生活を送りながら、物思いにふけることが大事なのです。

アイデアというものはきっとそういう中から浮かび上がってくるものではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

人気記事ランキング

1

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム