明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

明治大学 総合数理学部 准教授 渡邊 恵太

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【7】

私は1年生のゼミの授業で「人間が日常生活で無意識にやっている行為を探す」ということをしています。

例えば、レストランでコートをイスに掛ける人がいるのは、他に掛ける場所がないからです。そのようにイスを使う人が多いのであれば、コート掛けを別に用意しなくてはならない、という問題発見に繋がります。

また、イヤフォンのコードをオーディオプレイヤーにぐるぐる巻きにしている工夫というのも、コードが絡まってしまう問題を可視化しているわけです。プロダクトデザイナーが解決すべき点がここに現れています。

我々ユーザーインターフェースの研究者の間で話されているのは、「人の言っていることを聞くのではなく、やっていることを観察しよう」ということです。

ユーザーの声を聞くことが大事と言われる昨今ですが、実際にはユーザーが問題だと自覚していることしか声として上がってきません。それよりもユーザーの活動に注目し、つぶさに観察することのほうが新しい問題と価値の発見に繋がると思います。

このことは皆さんの職場やビジネスの世界でも共通する部分があるのではないでしょうか。

もしデスクを一人だけパーテーションで囲っている部下がいれば、それは集中したい、あるいは周りから見られたくないという気持ちの現れであり、相談に乗るなどの対応が必要です。

オフィスや街中で変わった工夫を見つけたら、そこに潜む問題の可視化として注目してみましょう。その状況を改善するアイデアがより良い環境を育んだり、新たなビジネスチャンスの創造に役立ったりするかもしれません。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

比較の視点から、日常に潜むアイデアを見つけよう

2019.10.17

比較の視点から、日常に潜むアイデアを見つけよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 倉地 真太郎
#5 私たちは人類の大転機にいる?

2019.10.15

#5 私たちは人類の大転機にいる?

  • 明治大学 政治経済学部 特任教授
  • 金子 隆一
#4 65歳は老後じゃない?

2019.10.11

#4 65歳は老後じゃない?

  • 明治大学 政治経済学部 特任教授
  • 金子 隆一
相手の考えを尊重し、一緒になって取り組もう

2019.10.10

相手の考えを尊重し、一緒になって取り組もう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 熊谷 健一
#3 社会保障制度は、人がつくるもの?

2019.10.8

#3 社会保障制度は、人がつくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 特任教授
  • 金子 隆一

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

5

2019.10.01

#1 少子高齢化による人口減少が問題なのはなぜ?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム