明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

情報を選別せず、インプットを増やしていこう

明治大学 総合数理学部 准教授 森勢 将雅

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【22】

私は音声情報処理の研究をしていますが、学会に行くと著名なラボの人達の発表ばかり聞きたがる人を見かけます。論文誌でも同様で、上位の雑誌にのみ目を通す人もいます。

確かに質の高い論文を集めるという意味では正しいことですし、質の低い論文を読んで得るものが少ない傾向があるのは事実だと思います。

ただ、そのような選別を行っていると面白い情報を取りこぼす懸念があったり、質の高い論文は多くの人が読むので同じ情報にみんなの知識が偏ってしまったりする危険があります。

情報を収集する際には、他の分野だからと排除したり、相手の属性やどんな雑誌に載ったかというフィルターをかけたりせず、先入観を捨てた状態で接することが大切です。

ただこれは、情報を選別する能力が身についた後の話なのかもしれません。

最初の研究の段階で、良い論文、悪い論文を見極めるのは難しいため、まずは質の高いものにたくさん触れてみてください。

論文はこういうものだと集中的にトレーニングする段階を踏まえた上で、幅広い分野の情報をインプットしていきましょう。

ビジネスパーソンの方も、上司や偉い人の話ばかりを聞くのではなく、後輩の話や日常のニュースに耳を傾けてみれば、ふとしたところに発想のヒントがあるのではないでしょうか。

また、もうひとつ私が実践しているのが、「良き睡眠は良き仕事の源泉になる」と信じ、どんなに忙しくても睡眠時間をキープすることです。

寝なくても平気な人はいますが、一般的には平均で6時間以上睡眠をとらないと、認知能力がどんどん下がると言われています。

頭がクリアになるという感覚はアイデアを生みだすためにも大切なものです。普段4~5時間しか寝ていない人は、試しに7.5時間以上睡眠をとってみることをおすすめします。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

2020.7.10

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

2020.7.2

物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 鈴木 雅博

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム