明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

複数の言語で情報を収集し、考えを醸成させよう

林 ひふみ 林 ひふみ 明治大学 理工学部 教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【39】

皆さんの中にはウィキペディアを利用する人もいるかと思いますが、自分が検索した事柄を日本語以外の言語で読んだことはありますか。

ウィキペディアのページの中に、「他言語版」というカテゴリーがあり、英語版や中国語版、アラビア語版など、クリックひとつで色々な言語のバージョンを読むことができます。

不思議なのは、同じものが取り上げられているはずなのに、読んでみると日本語と英語では違う内容が書かかれていたりすることです。

これは、ただ単純に翻訳されているのではなく、書いた人の視点によって情報の取捨選択が行われているからではないでしょうか。

英語ならどう表現されるのか、中国語だったらどんな漢字になるのかなど、調べてみることでイメージがわいたり、ヒントになることが出てくると思います。

学校で英語は勉強していますし、グーグル翻訳なども使えるわけですから、ウィキペディアに限らず、気になった事柄について複数の言語で情報を得ることをおすすめします。

また、もうひとつ大切なのが、情報を収集した上で「考える」時間を分けて取ることです。

人に「どう思います?」と聞かれたときに、大抵はすぐに答えようとしますが、内容によっては一日二日、頭の中に置いておくと「こういう風にすればいいんだ!」というようなことが後から浮かんでくることもあります。

ワインを寝かせるように、考えを醸成することもあるのだということを知っておいて欲しいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.5.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
どんな時も、自分の価値観を大切にしよう

2022.5.19

どんな時も、自分の価値観を大切にしよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
心を開いて、積極的にコミュニケーションを図ろう

2022.5.17

心を開いて、積極的にコミュニケーションを図ろう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 伊藤 貴昭
どんなプランも検証と修正を重ねて立てよう

2022.5.12

どんなプランも検証と修正を重ねて立てよう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
原点を振り返り、改めて自分と向き合おう

2022.4.28

原点を振り返り、改めて自分と向き合おう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 出雲 明子

新着記事

2022.05.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.05.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.05.19

どんな時も、自分の価値観を大切にしよう

2022.05.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.05.17

心を開いて、積極的にコミュニケーションを図ろう

人気記事ランキング

1

2022.05.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2013.12.01

環境保全は企業に利益をもたらす ―求められるエコ・テクノストラクチャーとエコ・フ…

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

リレーコラム