明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

他分野との交流を通じて問題解決のヒントを探ろう

明治大学 理工学部 教授 相澤 守

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【20】

私は人工骨などの「バイオマテリアル(生体材料)」を専門にしていますが、専門の異なる方々とお話をしていると、他の分野では当たり前になっていることが、自分の分野には新鮮に映り、面白い発見に結びつくことがあります。

例えば、いま研究を進めている「ペースト状人工骨」は私たちのオリジナル素材である「イノシトールリン酸」を使って作っています。人工骨であるアパタイトの表面にイノシトールリン酸をつけると、それが接着剤の役割を果たし、別のアパタイトと結合して固まっていきます。

イノシトールリン酸の結合が「キレート結合」という化学結合の一種であることから、我々はこれを「キレート硬化型セメント」と呼んでいます。

この方法を思いつくきっかけになったのは、鶴見大学の歯科理工学を専門とする平林先生の論文でした。

論文の内容は、歯のエナメル質に金属を接着するとき、イノシトールリン酸をかませると接着効果が高まるというもので、これと同様に、アパタイト同士の接着剤にもイノシトールリン酸が使えるのではないかと考えたのです。

その結果、世界で初めて「生体内で吸収置換されるセメント」が生まれました。他分野の研究からインスパイアされて成果に結びついた事例といえるでしょう。

ビジネスの世界でも、営業担当でしたら、マーケティングや生産現場といった他部署の同僚に話を聞くなど、積極的に専門外のことに興味を持ってみることです。

自分で考え、自分で行動することも大事ですが、思いがけないところにヒントが落ちている可能性があります。

常にどうすればいまの課題をクリアできるのかを考えながら、広くアンテナを張っていくことで、問題解決の糸口に繋がることでしょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#4 見せかけのCSRとは?

2020.7.14

#4 見せかけのCSRとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#3 CSRは企業の収益に繋がる?

2020.7.10

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

人気記事ランキング

1

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム