明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日々の生活のなかに発想のヒントを探そう

明治大学 理工学部 准教授 鈴木 秀彦

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【37】

最近のことですが、川沿いを散歩していて感動したことがありました。

鉄道の高架下をくぐったのですが、そのとき、川の表面に当たった太陽の光が橋の天井に反射して揺らめいていたのです。

水の流れはとても穏やかに見えるのに、映った像はぐちゃぐちゃと揺らいでいたのが印象的でした。

私たちが研究している超高層大気では、大気が透明なので何が起こっているかなかなか見えづらいのですが、たまにある雲を通して見ると、ものすごくその状態は乱れています。

その激しさは航空機が山越えの気流でもみくちゃになり、空中分解して事故に至ることもあるぐらいです。

このような大気の乱れを散歩中の川の水で感じたことが私にとって発見でした。

よく研究者の同僚と「僕らってオンもオフもないよね」と話したりするのですが、いつも“これは仕事”“これは遊び”という境目のないまま、研究について考えている気がします。

散歩をして雲の流れや川の流れを観察したり、夜は星のまたたきを観察して大気のゆらぎを感じたり。

日々の天気を決める大気の流れも、身近な流れも運動の原理は同じなので、気象環境を決める大規模な現象のヒントが身近にないかどうか常に探しています。

ビジネスの現場でも、生活のなかのふとしたところからアイデアに繋がることがあるのではないでしょうか。

自分の考えていることと日常が結びついたときはうれしいものなので、日頃から観察の目を持ち、ぜひそういった瞬間を実感していただきたいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#2 運動するほど免疫力は上がるの?

2020.12.4

#2 運動するほど免疫力は上がるの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 鈴井 正敏
既存の概念を組み合わせ、独自の発想を生み出そう

2020.12.3

既存の概念を組み合わせ、独自の発想を生み出そう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
#1 免疫力を上げればウイルスに負けない?

2020.12.1

#1 免疫力を上げればウイルスに負けない?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 鈴井 正敏
頭を一度クリアにし、アイデアの創出を促そう

2020.11.26

頭を一度クリアにし、アイデアの創出を促そう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小野 弓絵
#5 日本の企業は時代遅れになる?

2020.11.24

#5 日本の企業は時代遅れになる?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 長野 史麻

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム