明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

クラウドで情報を管理し、発想のヒントを蓄えよう

宮本 真也 宮本 真也 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【32】

私の専門は社会学ですが、同じ問題に他の社会ではどのように対処しているのかを知るため、海外ニュースを衛星放送で見たり、Podcastで聞いたり、保存するようにしています。

海外ニュースの良さは、限られた時間の中で重要度に応じて発信されるということと、何よりも映像で見ることができるため理解しやすいところです。

海外ニュースを見ることで他国との歴史の違いに驚いたり、国内のニュースを見ていてもわからないような情報が得られたりするので、大変勉強になりますし、発想のヒントにもなります。

研究者はもちろん、社会人の方も、何か煮詰まったときのアイデアの源になると思うので、日頃からチェックすることをおすすめします。

また、こうした日常のなかで関心のある情報が見つかったときは、スマホからでもクラウドにWordやPDFの形式で保存することを習慣にしています。

特に「Evernote」というメモ機能に優れたサービスを使った情報管理は、研究、教育、校務の面で役に立っています。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末上でノートを作成すれば、そこにカメラを使ってスキャンした画像として新聞記事や、マイクから録音した音声など何でも貼りつけられ、タグ機能で分類することもできます。

閲覧中のWebをプラグインで直接、全体、あるいは部分的にデータとしてページに貼ることもできます。

いちいち印刷やコピー&ペーストをする必要もなく、ノート感覚で扱えたり読めたりするので便利です。紙媒体で管理する場合に起きがちな「どこかに行ってしまった」とか、「忘れてきてしまった」とかから無縁であるのも助かります。

皆さんも、アイデアのストックを増やすために、異なる言語、文化、社会における現代の現象を比較という視野で情報収集し、効率的に管理していく方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

あまりの便利さに、書籍にとどまらず、データについても「積ん読」が広がってしまうのでは、という心配も残されますが。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

人気記事ランキング

1

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム