明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

宮本 真也
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

宮本 真也

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

研究分野
社会学(社会哲学、社会学)
研究テーマ
科学の社会学(公衆と専門科学)、批判的社会理論
【キーワード】コミュニケーション、承認、社会の近代化
主な著書・論文
  • 「ハーバーマス―労働とコミュニケーション」(『posse』vol. 38p196-213・堀之内出版・2018年)
  • 「フランクフルト社会研究所の現在―制度としての「批判理論」の断絶と継承」(『情報コミュニケーション学研究』第16号p17-30・明治大学情報コミュニケーション学部・2016年)
  • 「こころのエンハンスメントとしての「脳力」論」(西山哲郎編『科学化する日常の社会学 』p163-194 ・世界思想社・2013年)
  • 「慈善による寄付か,承認としての再分配か?」(『ドイツ研究』第45号p166-176・日本ドイツ学会・2011年)
  • 「コミュニケーションのエピステモロジーへ」(『社会學研究』第78号p95-117・東北社会学研究会・2005年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム