明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ときにはミュージアムに出かけて脳を活性化しよう

井上 由佳 井上 由佳 明治大学 文学部 准教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【24】

私は博物館学を専門にしていますが、最近は「お話ししながら展示物を見ませんか」というアプローチを取っているミュージアムが何カ所か出てきています。

人とのやり取りを通して「こんな見方もできるんだ」とか「自分は理系が弱くて苦手だと思ったけどそうでもないな」など、“人と触れ合うことで人を学ぶ”ということができるようになっているのです。

これまでのミュージアムは、静かで、動きのないイメージが強いと思いますが、いまはそうではなくなりつつあります。単に映像資料をピッと押したら見られるというようなレベルではなく、人が返してくれたり、ギャラリートークが行われていたり。

こうしたイベントなどをチェックして利用するようになると、一気にそこはコミュニケーションの場へ変わり、情報のやりとりが生まれて、楽しくなるはずです。

ビジネスパーソンに向けて、昼休みの時間帯にギャラリートークを行っているミュージアムもあるので、のぞいてみてはいかがでしょうか。

特に美術館は見る側の感性に訴えようとしているものなので、パソコンの画面の前で格闘しているときとは違う部分の脳を刺激してくれるはずです。

何より、美術には答えがないので、自由に感じていいという気楽さ、入りやすさがあると思います。

「現代アートを見てもよくわからない」と言う人もいますが、わからなくていいのです。「キレイだな」とか「これは気持ちが悪い」でも全然構いません。

自分の中で何かしらの脳内物質が出ているだけでも立派な反応なので、ぜひそれを求めに色々なミュージアムに行って欲しいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.6.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 川口 太郎
同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.6.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム