明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

相手の考えを尊重し、一緒になって取り組もう

明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授 熊谷 健一

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【16】

私は途上国における知的財産制度のあり方などを研究対象としていますが、途上国協力をする際には、「焦らず、一緒になって考え、上から目線ではなく、笑顔で、怒らず」を心掛けています。

現地の法律制度のもとで、新たなルールをつくるときもそうですが、同じ目線で取り組むことによって、彼らからもアイデアが出てくるのです。もし上から一方的にやってしまったら、面従腹背で何も出てこないかもしれません。

このことは、途上国協力だけではなく、日常の仕事をする際にも、心掛けることではないでしょうか。

アメリカの作家のデール・カーネギーは、「ビジネスで成功する一番の方法は、人からいくら取れるかをいつも考えるのではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである。」と言っています。

しかし私は、「してあげる」のではなく、「一緒になって考える(相手の立場、考えを尊重する)」ことが大切ではないかと思っています。

現代は、昔に比べ様々な形で情報が入ってきますが、その分、人と人との関係は希薄になりがちです。このような情報化時代にこそ、お互いを思いやり、よりよい関係性を築いていくことが必要になるのではないでしょうか。

そのことにより、分野や職種を越え、ともに目指す方向へ進むなかで、新たな発想なども得られるのではないかと思っています。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

2020.4.2

現場の声を聞き、現場の立場で、物事を考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 片野 洋平
日々の生活のなかに発想のヒントを探そう

2020.3.26

日々の生活のなかに発想のヒントを探そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
#4 「インダストリー4.0」をより良い革命にするには?

2020.3.24

#4 「インダストリー4.0」をより良い革命にするには?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 清水 一之
知識や経験を重ね、思いつくための準備を整えよう

2020.3.19

知識や経験を重ね、思いつくための準備を整えよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 山内 勇
#3 「インダストリー4.0」によって疎外される人たちがいる?

2020.3.17

#3 「インダストリー4.0」によって疎外される人たちがいる?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 清水 一之

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2020.03.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.03.11

新しい価値を創出するイノベーションを育てるのは、私たち自身

2020.03.04

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

人気記事ランキング

1

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

5

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム