明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

数学者アラン・チューリングがパターン形成を数式化

「自己組織化」は生物学から始まったと述べましたが、この言葉が用いられるようになった1940年代以降、物理学や数学の分野でも「生命とはなにか」が盛んに議論されるようになり、やがてそれは自己組織化のメカニズムの解明へとつながっていきます。

量子力学の波動方程式や「シュレディンガーの猫」で知られるオーストリア出身の物理学者シュレディンガーは、「秩序から生まれる秩序」と「無秩序から生まれる秩序」という2つの秩序によって生命はその存在が保たれていると考えました。

「秩序から生まれる秩序」の仕組みは、その後、DNAの発見によって解明されます。一方、「無秩序から生まれる秩序」の仕組みを考えたのが、イギリスのアラン・チューリングです。

彼は、刺胞動物であるヒドラの触手に着目しました。金魚などを飼っていると、水槽に現れるのを見たことがある人も多いと思います。体長1cmほどの細い筒状をした生き物で、この筒の先端に数本の触手が生え、その触手で小さな生き物を捕獲して食べるようになります。

数学者であるチューリングは、ヒドラという生き物になにが起きているのかはわからないので、合理的なモデルを考え、触手ができるメカニズムを方程式で記述しようとします。

それを簡単に説明します。まず、触手ができる前の胴体を、同種の細胞が環状に並んだものとみなします。この細胞には外からAという物質が入ります。Aは細胞内で反応してXという物質に変化します。XはさらにYという物質に変化し、YはさらにBとなって排出されます。

Xは一連の反応を促進する物質、Yは阻害する物質で、XとYは濃度の高い細胞から隣の細胞へと拡散します。すると、この細胞の活動は周囲にどんどん拡散していくことになります。また、阻害物質Yの拡散速度はXよりも速いと仮定します。

このモデルを自らが開発したチューリング型計算機で計算したところ、触手の形成パターンが見事にシミュレートできたのです。その後、動物や魚の体に縞模様ができる過程も数式化して説明することができようになりました。今日ではこのような仕組みを反応拡散系と呼んでいます。

このようなパターン形成は時間的な変化をともなうこともあります。例えば、パターン形成のシミュレーションにおいて、ある一点を見続けていると、そこに白と黒が交互に現れるように、生成と消滅が繰り返されることがあります。それをリズムといいます。それゆえ、自己組織化は、リズムとパターンによる時空間的な構造形成であるということもできます。

リズムとパターンによる自己組織化は普遍性が高いので、市場の動向を予測したり、社会の組織の形成にも応用できるのではないかと次第に考えられるようになりました。

次回は、自己組織化の経済への応用について解説します。

#1 「自己組織化」って、なに?
#2 自己組織化は数式化できるの?
#3 自己組織化は経済に応用できる?
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム