明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

魂の言葉から、生きる勇気と希望を感じ取ろう

纐纈 厚 纐纈 厚 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【1】

エメ・セゼール『帰郷ノート/植民地主義論』(砂野幸稔訳・平凡社・1997年)

私は書斎の手の届く場所に、エメ・セゼール(Aimé Fernand David Césaire ,1913~ 2008)の『帰郷ノート/植民地主義論』を置いています。シュルレアリズムの巨匠ブルトンが「偉大なる黒人詩人」と讃えたセゼールは、高名な詩人にして、ネグリチュード(黒人性)運動を主導し、植民地主義を批判してきた政治家でもありました。

本書の醍醐味は、「暁の果てに・・・行ってしまえ、とぼくは奴に言っていた。ポリ公面(づら)め、イヌの面(づら)め、行ってしまえ、ぼくは秩序の下僕と希望のコガネムシが大嫌いだ」で始まる『帰郷ノート』で堪能できます。怒りと希望が交差しながらも、果てしない人間への愛を語るセゼール。何が真理なのか曖昧化する現代社会にあって、語ること、書き込むことを通して、人間愛を喪失状況に追い込んでいく全ての権力への憎しみと、そこから解放されるための勇気がどこにあるかを明示しています。

また、セゼールの特筆すべき点に「伝える力」があります。文学という世界で魂を言葉に代えて表現し、貧困のため進学のできない人や文字の読めない人、目の不自由な人にも、想いを届けられるようなエネルギーを持っています。私はかつてゼミの学生たちにも薦めていましたが、最初のうち若い人は読んでもピンとこないかもしれません。自分の魂が自覚できるような段階になって、初めてセゼールの語りに合点がいくのです。私が初めて読んだのは大学生になったばかりのときでしたが、60半ばを過ぎた今でも、セゼールと響き合っています。本書を読み返していると、不思議なことに人に温かく接せられるように思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム