明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ライフサイクルを見定め自己の危機を乗り越えよう

明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授 平田 厚

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【38】

E.H.エリクソン/J.M.エリクソン『ライフサイクル、その完結【増補版】』(村瀬孝雄/近藤邦夫訳・みすず書房・2001年)

本書は、アメリカの精神分析学者であるE.H.エリクソンが1989年に出版したアイデンティティ論に、彼の妻ジョーンによって3章が加えられた増補版です。

人格の発達を世代ごとの9段階にわけ、各段階でアイデンティティが危機にさらされたときにどう乗り越えるか、人間の精神状態の形成にライフサイクルがどうかかわってくるのかが論じられています。

今後、日本社会はますます高齢化が進み、トラブルが表面化してくる世の中になってくることでしょう。そのなかで、アイデンティティを見失いかけたときに自分でどう解決するかが重要になってきます。本書は生きていくうえで、ひとつの手助けとなると思い挙げさせてもらいました。

私がこの本の旧版を最初に読んだのは20代のころです。興味本位であらゆる種類の本に手を伸ばしたなかの一冊でした。はじめはピンとこなかったのですが、思春期のアイデンティティクライシスみたいな部分はよくわかり、「ああそうか」と共感できました。

20年ほど前、40歳の頃に再読したところ、ライフサイクル全体で見たときのアイデンティティの問題が以前よりもよくわかるようになっていました。

20代の自分には高齢になったときのアイデンティティの危機は想像もつきませんでしたが、40歳のときに読むと若い頃のこともわかるし、60歳になったときのことも想像できるようになるのです。

古典のひとつではありますが、そのときどきの年代で捉え方、読み方が違ってくる本ですので、ぜひ一度は読んでもらいたいと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

2019.8.8

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 山﨑 健司
#5 センサーデータって誰のもの?

2019.8.6

#5 センサーデータって誰のもの?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
#4 ロボットは個人の情報を収集している?

2019.8.2

#4 ロボットは個人の情報を収集している?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

2019.8.1

人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

2019.7.30

#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム