明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

たびたび起こる金融危機の共通の要因は、人の心理

株式市場などが大暴落する、いわゆる金融危機は、過去に何度も起こってきました。ひとたび起こると、景気の悪化やそれにともなって失業問題なども招くことがあるので、いわゆる投資家だけでなく、一般の生活者である私たちにとっても日常生活に密接に関わる重大な問題です。1929年、アメリカのウォール街から始まった世界大恐慌は世界中の経済の悪化を招き、それが第2次世界大戦に繋がっていきます。また、1970年代に産油国が石油価格を大幅に上昇させたことから起きたオイルショックでは、日本各地でトイレットペーパーの買い占め騒動が起きたことを覚えている人も多いでしょう。

金融危機は、それを招くなんらかのきっかけが必ずあるので、過去の危機を基にそのきっかけの傾向を捉えれば、危機を予測して未然に防ぐことができるのではないかと思います。しかし、実はそう簡単ではありません。実際、1980年代以降も、ブラックマンデー、日本の土地バブル崩壊、アメリカ同時多発テロ、イラク戦争懸念、リーマン・ショック、ギリシャ危機など、大小様々な金融危機がたびたび起こっています。確かに、それぞれの危機のきっかけとなる事件や出来事は異なります。しかし、共通している要因がひとつあることがわかります。それは、人々の心理です。なにかのきっかけで不安や疑心暗鬼になると、それが瞬く間に伝播、波及し、金融危機に繋がっていくのです。きっかけがわかっているのならばそれを教訓として、常に冷静さや合理的な判断を保つようにすれば良いのではないかと思います。しかし実際は、それが最も難しいことなのです。

次回は、リーマン・ショックを基に、金融危機を防ぐ難しさについて解説します。

#1 金融危機はなぜ起こるの?
#2 リーマン・ショックはなぜ起こったの?
#3 金融危機はなぜ世界に波及するの?
#4 金融危機を防ぐことはできる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

温故知新の精神で世界を読み解く力を身につけよう

2019.2.14

温故知新の精神で世界を読み解く力を身につけよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 折方 のぞみ
自分の専門外にも目を向けて、可能性を広げよう

2019.2.7

自分の専門外にも目を向けて、可能性を広げよう

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
根源的な思考を学び、人間としての力量を高めよう

2019.1.31

根源的な思考を学び、人間としての力量を高めよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山部 俊文
#5 地方創生は都市生活者に何をもたらしてくれる?

2019.1.29

#5 地方創生は都市生活者に何をもたらしてくれる?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
#4 地方は都市より住みにくいでしょう?

2019.1.25

#4 地方は都市より住みにくいでしょう?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

2019.02.06

グローバル化は人を自由にする?アイデンティティを脅かす?

2019.01.30

「スポーツ共創」の時代

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

人気記事ランキング

1

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2

2018.02.28

このままでは、日本は武器輸出大国になる!!

3

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

4

2018.07.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

5

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム