明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 なぜ、定年過ぎても働かなくてはいけないの?

野田 稔 野田 稔 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

そもそも、定年という制度に問題がある

2013年に改正高年齢者雇用安定法が施行され、60歳定年制のある会社でも、65歳まで継続的に勤務できるようになりました。この政策がとられた理由は大きく2つあります。

ひとつは、少子高齢化によって日本の人口が極端に減っていくことです。いまは約1億3千万ですが、2046年には1億を割り込み、さらに減り続け、一説では2100年には4千万くらいになるといわれています。

4千万といえば、今の3分の1です。現代の日本の社会体制を維持するには人口1億が必要といわれていますから、4千万では絶望的です。

そこで、外国人労働者を受け入れたり、AIやロボットで省力化する施策が考えられていますが、私たち自身が長く働くことも対策の一つなのです。

もうひとつの理由は、私たちの寿命が延びていることです。といっても、寝たきりが増えているのだろうという人が多いのですが、それは違います。

75~79歳の人の歩くスピードが、ここ10年間で11歳若返っているというデータがあります。つまり、健康寿命も延びているのです。

私も実際に調査して把握していますが、60歳で定年してただ家にいる人は、なにもすることがない生活に、どうしてよいのかわからなくなっています。

いま、現役の若い世代は、60歳を過ぎて働くのは嫌だという人が多いですが、実際、60歳で定年した人たちは、なにか仕事をしたり、社会参加をしたいと希望します。むしろ、やることがあるという人の方が、幸せなのです。

日本で定年制度が定着したのは1950年代ですが、そのときの定年は55歳でした。ちなみに、その頃の男性の平均寿命は58歳だったのです。

定年制度とは、会社を辞めさせる制度というより、むしろ、終身雇用を保証する制度だったわけです。

世界に目を向けると、定年制度は珍しい制度です。年齢を理由に退職させることは差別で、違法と捉えられているのです。

元気で、働く意志があるのに、働く機会を年齢によって一律に奪うことは、そもそも、問題のある制度ともいえるのです。

次回は、継続雇用の問題点について解説します。

#1 なぜ、定年過ぎても働かなくてはいけないの?
#2 継続雇用でみんなハッピーなの?
#3 どうすれば再雇用に成功するの?
#4 能力があれば誰でも必ず活躍できる?
#5 社会人になっても勉強しなくてはダメ?
#6 高齢者も働きやすい社会になる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂
世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

2021.5.27

世の中で起こる全てを、経済学的視点で読み解こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太
著名人の言葉を、人生のヒントにしよう

2021.5.20

著名人の言葉を、人生のヒントにしよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム