明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

若いときこそ失敗に学び、次のステップに繋げよう

明治大学 商学部 特任講師 東野 香代子

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【19】

畑村洋太郎『失敗学のすすめ』(講談社・2000年)
平原由紀子『入社1年目女子 仕事のルール』(日本能率協会マネジメントセンター・2018年)

『失敗学のすすめ』は、とかくマイナスに捉えられがちな“失敗”も、どのような姿勢で対処するかによって、将来大きく飛躍するチャンスをつかむことができると述べた本です。

工学者の畑村氏によって、失敗の定義や種類・特徴、致命的な失敗のなくし方、失敗を生かすシステムづくりなどが一般読者にもわかりやすく解説されています。

いまの若者は失敗することを恐れ、当事者意識の低い代理店感覚で物事に取り組んでいるようです。なぜ失敗を恐れるのかというと、リカバリーする力量がなく、自分に自信が持てないためです。

若いうちはどんどん失敗をしてください。起きてしまったことに対してはなるべく短時間で解決するよう努め、その失敗を次にどう生かすかが重要になります。本書を読んで「失敗しても大丈夫」ということを学び、責任感を持って当事者になって欲しいと思います。

『入社1年目女子 仕事のルール』は、長年ファッションブランドに特化した広告代理店で働き、現在は“手みやげコンシェルジュ”としても活躍する平原氏が、自身のOL時代や役員として若い人を見てきた経験を通じ、女性新入社員向けに書いた本です。

たとえば、入社式や研修などでリクルートスーツを着る機会があると思いますが、ずっとその格好でいるわけにはいきません。

いつ、どんなタイミングでオフィスカジュアルにランディングするのかなど、女子だからこそ知っておきたい社会人の基礎の基礎について、先輩たちの失敗談を交えながら1問1答スタイルで紹介しています。

これから社会人になる方はもちろん、“仕事以前のルール”をよくわからないまま上司になってしまった方にとっても、ヒントが詰まった一冊だと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

温故知新の精神で世界を読み解く力を身につけよう

2019.2.14

温故知新の精神で世界を読み解く力を身につけよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 折方 のぞみ
自分の専門外にも目を向けて、可能性を広げよう

2019.2.7

自分の専門外にも目を向けて、可能性を広げよう

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
根源的な思考を学び、人間としての力量を高めよう

2019.1.31

根源的な思考を学び、人間としての力量を高めよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山部 俊文
#5 地方創生は都市生活者に何をもたらしてくれる?

2019.1.29

#5 地方創生は都市生活者に何をもたらしてくれる?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
#4 地方は都市より住みにくいでしょう?

2019.1.25

#4 地方は都市より住みにくいでしょう?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

2019.02.06

グローバル化は人を自由にする?アイデンティティを脅かす?

2019.01.30

「スポーツ共創」の時代

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

人気記事ランキング

1

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2

2018.02.28

このままでは、日本は武器輸出大国になる!!

3

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

4

2018.07.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

5

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム