明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

自ら考え行動するために、知識の幅を広げよう

柳 憲一郎 柳 憲一郎 明治大学 法学部 教授

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【13】

橋本道夫『私史環境行政』(朝日新聞社・1988年)

若いときに影響を受け、いまでも折りに触れ読み返している本に『私史環境行政』があります。著者の橋本道夫氏は厚生省の初代公害課長を務めた方で、高度経済成長期の産業公害対策への取り組みから“ミスター環境庁”と呼ばれるなど、日本の環境行政を引っ張ってきた存在でした。私は大学院を修了後、3年ほど橋本先生の助手をしましたが、自分にとても厳しく人にやさしい人柄で、生き方そのものに大きな感銘を受けました。

現在、私は法律から医学まであらゆる分野の人が集まって研究活動を行う環境科学会の会長を務めています。異なる分野の人と話をするためには、それぞれの分野の最低限の知識がないと成り立ちません。また、大学は法学部でしたが大学院では理系の環境科学を研究し、環境医学や毒性学、生物学、植生学、地層学、文化人類学など、広く薄く取り組みました。研究者に限らず、一般の方々も若いときから「これ」と決めつけず、多様な考えに触れてみることをおすすめします。

「学ぶことは何歳になってもできる」という人もいますが、私自身は35歳ぐらいまでにしっかりと学習し、あとは社会で知識を活かすものだと捉えています。いつまでも本に頼っていると、自分の頭で考えて行動ができないからです。そのためにも家庭教育は重要だと思います。例えば、30代の読書習慣のない人に急に本を読めといっても難しいでしょう。子どもが小さいうちから毎週図書館に連れて行き、10冊ずつ色々な分野の本を選び、1年間に千冊ぐらい一緒に読んであげることです。そのような土台が、社会人としての伸びしろを育むのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

リレーコラム