明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

幅広い知識を身につけ、本質を見極める目を養おう

山田 道郎 山田 道郎 明治大学 法学部 教授

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【10】

西尾 幹二『ヨーロッパの個人主義』(講談社現代新書・1969年)

人それぞれの生き方、考え方もありますので一概に「これ」という本は挙げられないのですが、私の経験からすると固いものでも柔らかいものでも片っ端から読んでみることをおすすめします。特に若い人は活字離れと言われて久しく、読書する機会が減っていると思いますので。

私の専門の法律は、社会のことを把握していないと充分理解できないため、自分自身は専門分野の本はもちろん、哲学書から思想書、評論、小説など、興味の赴くまま幅広いジャンルのものを読んできました。いま思い返してみると自分の血となり肉となっているように感じます。なかでも、大学院時代の同輩にすすめられて読んだ『ヨーロッパの個人主義』には当時とても感銘を受けました。ニーチェ研究者である西尾氏が、自身のヨーロッパ経験を通して、日本人の考え方を批判的・懐疑的な視点から指摘しています。本書を最初に読んだときには自分の考え方がひっくり返され、無知を自覚しました。いまもなお影響を受けている本です。

人から私の著書に「一筆お願いします」と言われたときは「権威を疑え」と書くようにしています。権威を無批判に信用してしまうのではなく、自分で考えることが大切だからです。若い人には通説や判例が正しいことを前提として議論するのではなく、それ自体が正しいのかどうか疑って考えて欲しいと思います。そのような目を養うためにも自分の専門外の本から多くのことを吸収するようにしましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.5.6

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子
様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.4.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.4.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 中村 和恵
個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

2021.4.15

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 新名 良介
好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム