明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

成功するために必要な「やり抜く力」を伸ばそう

明治大学 国際日本学部 教授 廣森 友人

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【11】

アンジェラ・ダックワース『やり抜く力 GRIT(グリット)-人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』(神崎朗子訳・ダイヤモンド社・2016年)

近年、才能や努力に続く第3の成功因子として注目を集めているのが「グリット」(grit;やり抜く力)です。昔は、成功するためには適性やセンス、才能が必要だとされていましたが、最近は才能なども日々、変化・発達していくという見方に立った研究が増え、心理学や脳科学、ビジネスなどの幅広い分野で、グリットの存在が脚光を浴びています。これは私が関わっている外国語(英語)教育にも強く当てはまります。

本書はグリット研究の第一人者であり、心理学者であるダックワース氏が一般の読者向けに書き下ろしました。たとえば、グリットを伸ばすには、見通しを持たせることだと彼女は述べています。人間は自分ができそうもないことはやりたくないので、まずは何とかやれそうだという期待をさせることが大事なのです。

私たち学校の教員は生徒のやる気を高める方法について話はしますが、いかにやる気を維持させるかについては視点が向きにくいようです。継続してやってもらうためにはどうしたらいいのか、あるいは生徒にやり抜く力を持たせるには何をすべきか、考えていかなければなりません。また、教育関係者はもちろん、ビジネスパーソンにとっても継続は大切です。若いときは勢いでなんとかなるかもしれませんが、40代・50代を迎えたときにどう乗り越えるか。さらに、課長や部長の立場になると若手社員の意欲を引き出す必要もあります。本書は、自ら成長するうえでも、他者の能力を向上させるうえでも、さまざまなヒントをもたらしてくれることでしょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#2 一度ついた格差は取り戻せない?

2020.1.17

#2 一度ついた格差は取り戻せない?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 平口 良司
#1 日本はどうして格差社会になってしまったの?

2020.1.14

#1 日本はどうして格差社会になってしまったの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 平口 良司
現場に目を向け、広い視野で物事を捉えよう

2020.1.9

現場に目を向け、広い視野で物事を捉えよう

  • 明治大学 経営学部 専任講師
  • 鷲見 淳
#5 TOBもM&Aも、一般の生活者には他人ごと?

2019.12.20

#5 TOBもM&Aも、一般の生活者には他人ごと?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 名越 洋子
煮詰まったときこそ芸術に触れ、固定観念を破ろう

2019.12.19

煮詰まったときこそ芸術に触れ、固定観念を破ろう

  • 明治大学 経営学部 専任講師
  • 早川 佐知子

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

人気記事ランキング

1

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2016.05.23

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けて…

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム